システムについてのお知らせ

ホーム > システムについてのお知らせ > 注意事項 > 【重要】IP型システム利用料滞納に係る機能制限について

【重要】IP型システム利用料滞納に係る機能制限について

IP型システム利用料滞納者に対する検索機能の利用制限を開始します。(2018年9月中旬予定)

IP型システム利用料のお支払いが長期に渡り確認できない場合、近畿レインズIP型システムで以下の機能が利用できなくなります。

1.物件検索(条件検索・フリーワード検索・物件番号検索)
2.会員検索
3.⽇報検索
4.マッチング検索(マッチング通知メール配信、マッチング通知確認を含む)

お支払いが確認できれば機能制限は解除されますが、解除されるまでに相当の期間がかかる場合があります。
また、利用制限が繰り返し適用されるケース等に対してはさらなる対応を検討予定です。
当機構規程やレインズ利用ガイドラインを改めてご確認いただき、IP型システムの適正利用にご理解ご協力をお願いいたします。

(参考規程)
◆レインズ利⽤ガイドライン 2-3.システム利⽤料の納付
利⽤料の滞納会員に対しては、処分の対象になるとともに、レインズの利⽤の制限、停止の措置を講じることがあります。

◆業務方法書 第16条
機構は、会員における情報の収集・利⽤の⽅法が、レインズ利⽤の適正、かつ円滑な運⽤を阻害し、レインズの制度やシステムに対する信頼を損なうおそれがあるとみなした場合、予告なくレインズの利用を制限もしくは停止することができるものとする。