システムについてのお知らせ

ホーム > システムについてのお知らせ > 仕様変更のお知らせ > 「取引状況の補足」欄の入力必須化について(平成30年1月6日実施)

「取引状況の補足」欄の入力必須化について(平成30年1月6日実施)

平成30年1月6日より取引状況が「書面による購入申込みあり」「売主都合で一時紹介停止中」の場合、
「取引状況の補足」欄に入力がない場合、エラーとなるシステム対応を実施します。

売物件の専属専任・専任媒介契約物件で運用している「取引状況管理」機能においては、「取引状況の補足」欄に条件や変更原因が発生した日付等を具体的に明示するよう定められており、「取引状況の補足」欄に必要な事項※を記載するようお願いいたします。

※具体的なケースは以下です。
・取引状況を「公開中」から「書面による購入申込みあり」に変更する場合→「購入申込み書面受領日」を記載
・取引状況を「公開中」から「売主都合で一時紹介停止中」に変更する場合→「売主からの申し出日、内容」を記載

詳細につきましては、以下のPDFファイルをご確認ください。
「取引状況の補足」欄の入力必須化について(平成30年1月6日リリース予定)

以上よろしくお願いいたします。