IP型システムについて

ホーム » IP型システムについて » システム利用方法/IP型システムのご利用にあたって

IP型システムのご利用にあたって

近畿レインズでは、FAX会員向けのF型サービスとパソコン会員向けのIP型サービスを提供しております。 近畿レインズの各サービスをご利用いただくには、原則として構成団体のいずれかに加入することが必要です。 各団体への加入手続き、諸費用等についてはそれぞれの団体窓口へお問い合わせください。

●登録義務と成約報告について

専属専任または専任媒介契約を締結したときは、定められた期間内に当該物件の所在・規模・価額等の情報を指定流通機構に登録しなければなりません(業法第34条の2第5項)。また、登録物件について契約が成立したときは、遅滞なく成約登録をしなければなりません(業法第34条の2第7項)。

●IP型サービスを利用するには

レインズIP型システムでは、システムの利用に応じてシステム利用料が課金され、NTT CoDenペイメントを通じて回収されます。レインズIP型システムの利用申込手続き等は、次のとおりです。

《申込方法》

所定の申込用紙に必要事項を記入のうえ、所属の協会へ提出してください。 また、NTTコミュニケーションズが提供する電子決済サービス「CoDenペイメント」にご契約いただく必要があります。 詳細は所属の協会窓口へお問い合わせください。

《動作環境》

レインズIP型システムの動作環境につきましてはこちらをご確認下さい。 ※64ビットOSのパソコンでは、一部の「業務支援アプリケーション」が動作しないことが確認されていますのでご注意下さい。

《その他》

インターネットに接続するため、別途ISP(インターネット接続業者)との契約が必要です。 また、パソコンの設定やネットワークの環境によっては、動作に支障が出ることがあります。